手のひらに汗をかく症状や原因、対策や治療法

手のひらに汗をかく症状や原因、対策や治療法

手に汗をかいて、書類やノートなどがしわになったりして、周りの人の目が気になるという気持ちになり、お悩みの方も多いと思います。

 

そこで手のひらに汗をかく症状や原因、対策や治療法をご紹介いたします。

 

この手に汗をかく症状は多汗症と呼ばれ、汗の量によって軽度のものから重度のものまであり、ポタポタトと滴るほど重症になってしまった症状は、手掌多汗症と呼ばる症状の可能性があります。

 

試験などてテスト用紙が汗でよれてしまうこともありますよね。
こうした場合は精神的要因で起きることが多いです。

 

精神的な要因で手に汗をかくことが起きる場合、自律神経と大きく関係していて、交換神経に緊張やストレスが加わり刺激されると、手のひらなどに汗が出やすくなります。
こうした作用は、ストレスなどの刺激が収まると、徐々に汗が引いていくのが自然な現象です。

 

しかしストレスがなくなったあとも交感神経が作用し続けたりすると、手などに汗が多く出る多汗症となってしまいます。
また精神的なものが原因の他に体内の脂肪が多いことやホルモンバランス乱れることにより自律神経に影響を与えることが要因になっていることがあります。
その他病気や疾患が原因となっている場合もまれにあります。

 

手に汗をかく量が多い場合、汗を少なくしたい、治療したい場合はどうしたら良いのでしょうか。

 

汗を量がさほど多くなく軽症で精神的な要因の場合は交感神経の緊張が収まるようリラックスしたり、ストレスを抑えるよう心がけることも大切です。
汗をかく量が多い場合は病気や疾患の可能性もありますので、心当たりのある方は病院で皮膚科を受診すると良いでしょう。

 

では病院ではどのような治療があるのでしょうか。

 

いくつかご紹介します。

 

汗腺をふさぐために就寝前に塩化アルミニウムの液体を手に塗りる方法があります。
自宅でも行なうことができるので気軽に利用できます。

 

電流の流れた水に手を漬けることにより刺激を与えて治療する方法があります。
比較的費用が安いです。

 

注射をすることにより神経の働きを抑える方法があります。
強い痛みがあるようです。

 

手の神経を切断する手術があります。
手術といっても大掛かりなものではなく切断する大きさも数ミリ程度で日帰りで手術時間も短いです。
健康保険を適用できます。